FXの勝率

プロ野球の世界では、
勝率によって実力を判断されますよね。

勝負の世界では、
勝たなければ意味がありませんから、
勝率を気にしなければなりません。

でもFXも勝ちと負けでは大きな違いですが、
勝率を上げて行くほうが良いかというと
そうとは限らないようです。

勝率は気にしない方が、
結果的には、利益を自分のものにできることになるのです。

なぜそうなのかというと勝率を上げようと粘っていって、
損きりを遅らせっていって、
急なレートの動きにぶつかると大損害をこうむる危険性がでてくるのです。

為替レートは、
小刻みに動くだけでなくて、
大きく動く性質を持っていることを考えておかないといけないのです。

でも勿論損きりを我慢しておいて、
大きく勝てることは無いことはないのですが。

Posted in 未分類 | Leave a comment

チャンスを掴むためにじっと待つFX戦法。

何かを求め始めたなら、
チャンスが来るのをじっと待った方が
良いことって多くないですか。

営業の仕事をしている方としては、
焦って結果を求めて強く出たために
結局は買って貰えないことは多くないですか?

お客さまとしては、
買いたいと思っていても
タイミングが必要で、

営業マンとしては、
諦めないでアピールしながら、
じっと待つことも良い結果を導きだせるものなのです。

これと同じなのがFXにも通じていて、
デイトレードでガチガチに頑張っている人は
どんどん仕掛ける必要はありますが、

長期戦で良い結果を出そうと狙っているのなら、
じっと待ちながら勝つチャンスを導き出す
タイミングを狙っていくことも大切になってきますよね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

レバレッジを設定

FXのレバレッジは自由に設定できます。
レバレッジとは何なのかをまず知る必要がありますが、
レバレッジとは取引金額を証拠金として、
証拠金の何倍ものトレードができるようになる
というのがレバレッジと呼ばれるものです。

過去には400倍ともいわれる高レバレッジの時代もありましたが、
現在のFXでは個人での取引だと
最高で25倍のレバレッジ設定となります。

レバレッジは自由に選択することが可能で、
2倍、3倍、5倍、10倍などと設定できるようになっています。

レバレッジを設定するにはまず
相場がどこまで下がるのかを予想しておくことが重要です。

それができれば、現在のレートから予想される
レートまで下がったときに、ロスカットされないような
ポジションとレバレッジを設定する必要があります。

レバレッジを高く設定すると
この予想レートよりも上のレートで
ロスカットになってしまうということになりますので、
十分に耐えられるだけのレバレッジ設定にしましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment